FC2ブログ

所有と経営の分離

こんばんは、Arumakatです。

今日は、松屋でご飯を食べたのですが、近くの席の人が、株主優待券を使って注文しておりました。

その人も松屋の所有者(株主)の一人なんだ〜と思うと、なんとなく凄く思いました。

まさに、株主が会社を所有して、取締役や執行役が業務を執行するという「所有と経営の分離」ですね。

「出資をした株主は、業務執行を委任して、自益権(配当金、株主優待など)、共益権(議決権など)を得る。
そして、株主は、債権者からは法人格をガードとして、間接有限責任で守られる」

今更ながら、株式会社ってよくできた仕組みだと感じました。








【問題】
次のうち誤っているものは?


番号をクリックして解答して下さい。
正解すると診断士ブログランキングに戻ります。



 株式会社は、金銭以外のものを株主に配当をすることができる

 株式会社は、株主総会の決議事項のすべてに議決権を有しない株式を発行できない

 取締役は、株式会社に対して、善管注意義務を負う

 非公開会社では、取締役が業務の執行・決定し、代表権を持つ












スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment