FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチレベルマーケティング

こんばんは、Arumakatです。

先日、あるきっかけで知り合った人から、某海外メーカーの商品(日用品)の販売促進をするビジネスをやってみないかという話がありました。

私は、興味本位でその方から、そのビジネスについてを説明してもらいました。

いわゆる「マルチレベルマーケティング(MLM)」でした。

これは簡単には、”商品の購入者を「販売員(ディストリビューター)」として起用し、その販売員は、さらに別の人を販売員として起用して販売していく”ということです。

つまり、メーカーの営業活動を、会社に属してない人が行うという事です。

利益の配分ルールは、ネットワーク拡大を促進するようにメーカーによって厳密に決めれています。

メーカーにとっては、営業人員削減や生産への注力、ネットワークの拡大、等のメリットがあります。


ただ、日本でMLMは、「ねずみ講」っぽい印象が強く、あまりいいイメージではないようです。

「マルチレベルマーケティング」とググると、ネガティブに書いているサイトも多くあります。

販売員(ディストリビューター)による押し売り、ノルマ達成のための販売員による大量購入、等という事態も多くあるそうです。


MLMは、学術的なマーケティング手法としては良いものだと思いますが、日本だとこれを採用する事によって、マイナスの商品イメージが付されてしまう可能性もあるのかもしれません。

僕はMLMを最近知りましたが、これはとても興味深い手法なので、時間があればじっくりと考えてみたいと思います。


ちなみに、僕はこのビジネスについてはお断りしました。





【問題(診断士)】
次のうち誤っているものは?

番号をクリックして解答して下さい。
正解すると診断士ブログランキングに戻ります。



 バズマーケティングとは、人の口から口へと伝えていくマーケティング手法である。

 アーンドメディアとは、ブログやソーシャルメディアを中心にユーザーからの信用や評判を 得るためのメディアである。

 ペイドメディアとは、企業が費用を払って広告を掲載するメディアのことである。

 アウトバウンドマーケティングは、消費者から「見つけてもらう」ことを目指すマーケティング手法である。






【問題(税理士)】
次のうち、誤っているものは?

番号をクリックして解答して下さい。
正解すると税理士ブログランキングに戻ります。



 税込処理方式では、取引ごとに売上にかかり預かった消費税と仕入と経費にかかり支払った消費税とを計算・仕訳する必要がない。

 税抜処理方式では、取引ごとに売上にかかり預かった消費税と仕入と経費にかかり支払った消費税とを計算・仕訳する必要がある。

 税抜処理方式では、消費税を納付する際に、「租税公課」勘定で計上する。

 税込処理方式は消費税を表示しない内税方式であり、税抜処理方式は消費税を表示する外税方式である。





スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。