FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.6%

こんにちは、Arumakatです。

タイトルは最近、話題になっている数字です。

先週、社労士の合格発表がありましたが、なんと合格率が2.6%。。

これには、同じ国家試験の受験生として、僕も血の気が引きます。。

某予備校の講師が、
"合格率が10%台の試験は努力した人が報われ、20%台になると、あの人がどうして?と言う人も合格する事があり、10%を切ると、合格には努力以外にも運が必要"
とおっしゃっていたのを覚えています。

確かに上位2.6%に入るには、規格外の天才でない限り、運の要素も必要なのかもしれません。

診断士協会もこれに便乗しなければいいのですが。






【問題】
次のうち誤っているものは?

番号をクリックして解答して下さい。
正解すると診断士ブログランキングに戻ります。



 有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、無期労働契約に転換できる。

 退職手当の決定、計算、支払いの方法等の退職手当については、必ず就業規則に記載する必要がある。

 労働時間が8時間の場合は、少なくとも45分の休憩を与える必要がある。

 振替休日では、休日労働に対する割増賃金の支払義務は発生しない。








スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。